数物連携宇宙研究の一般講演

一般講演会 「物質の科学と素粒子物理の深い関係」.jpg

数物連携宇宙研究の一般講演

■アクシオン場を持つ磁性体における新現象の予言IPMUサイト
「物質の科学と素粒子物理の深い関係」講義の核心は、押川正毅さん、大栗博司さんの共同研究についてでしたが、そのアプローチとして
■数物=数学+物理学の連携が何故重要なのか?
■物質と量子の概念をどう捉えればいいのか?
■そこ至る、先人科学(物理学)者の功績

などを、お二人それぞれ講義40分+質疑応答15分の時間内で、平易にお話してくださいました。

なので、超弦理論の初歩的な講義を期待していた私にとっては、やや肩透かしを食らった感がありましたが、若い質問者が押川さんに問いかけた
「この研究が将来どんな事に役立つ可能性があるのですか?」...に対して

●現在のパソコンは、電流エネルギーロス(熱として逃げている)が大きい。何年先になるかわからないが、超高速量子コンピューターや超低消費電力デバイスに応用される事を期待しています。

「おぉ!ノーベル賞につながるじゃないか!?」
と、今回の講演中で、最も興奮した一幕でした(^^;)

これについは、北大の浅野泰寛さんも同様の研究?をされているようなので、日本の物性研究はやはり凄いぞ!と思いました。
「物質の科学と素粒子物理の深い関係=素粒子アクシオン検出手法の研究が物性分野にも貢献」...って。私は難しい事は、全然わかってないのですが、自分の身近にある場所でそんな事が研究されているんだと、知っただけも講演会を聴講した甲斐がありました(^^)

東大柏キャンパス一般公開のチラシ.JPG

10月24日〜25日の東大柏キャンパス一般公開のチラシ
カブリIPMUの催しは楽しそう♪
人気企画になりそうなので、かなり早く行って並ばないと入れないかも知れません。

東大物性研究所パンフレット.JPG

講演会での物性研からの配布物(先着の人にしか渡らなかった冊子もあります)

東京大学物性研究所.JPG

...で。講演会前に東葛人さんとワンチャンさんと三人で
柏の葉キャンパスの東大物性研をガラス越しに覗かせてもらったのですが

物性犬.jpg

あっ!これだったのか!?
物性犬と○川犬の相似だけは、よ〜くわかりました(笑)



posted by たすけ at 2014年09月28日23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 素粒子と宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。