物質の科学と素粒子物理の深い関係 / 押川正毅・大栗博司

物質の科学と素粒子物理の深い関係
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【主催の東京大学 物性研究所による案内文】
1次元物質と弦の理論(押川正毅)
私達は、左右/前後/上下の3つの方向を持つ3次元の空間に住んでいます。しかし、たとえば非常に細い電線を作ると、その中の電子の動きは実質的に1次元の線上に制限されます。このような「1次元の物質」は、最近の科学技術の発展により重要なトピックになっています。
朝永振一郎博士は1950年に、1次元空間中(線上)の電子が弦の振動の量子力学に従うことを示しました。その後、素粒子の究極理論として提案された超弦理論にも刺激されて研究が進展し、弦の振動の量子力学は1次元の物質を理解するのに欠かせない理論となっています。1次元の物質と弦の理論のこのような関わりを、自分の研究も交えてお話します。
宇宙は超伝導か(大栗博司)
素粒子物理学者の南部陽一郎博士が2008年にノーベル賞を受賞されたときの理由である 「対称性の自発的破れ」は、「宇宙が超伝導である」という意味だと説明されます。
しかし、これは宇宙空間に永久電流が流れるというような意味ではありません。この言葉の意味する素粒子物理学と物性物理学の間の深い関係について解説しながら、その最近の展開としての量子相転移現象やトポロジカルな相の発見、また、私自身の物性物理学者との共同研究についても語りたい。
う〜ん...やっぱり難しい講演なのかなぁ?・・・てな訳で。

東京大学 物性研究所(押川正毅さん)【プロフィール】
カブリ数物連携宇宙研究機構(大栗博司さん)【プロフィール】

本来であれば、○○先生とか○○博士とか○○教授とか、敬称をつけるのが礼儀ですが
ここではあえて親しみ込めて、○○さんと書くことをご容赦ください。

だって、博士とか教授とか言った途端、難しい話をするんじゃない?
と、益々思ってしまうじゃないですか? ね?(^^;)
...っていうか。押川さん!プロフの写真、カジュアル過ぎです(笑)

押川さんは年がら年中、国内&海外の講演に出かけていて、FBに掲載される講演先での風景や料理の写真を見るのが私の楽しみのひとつです。いいね!(笑)
この講演会を押川さんから教えて頂き大栗さんのブログも拝読するようになったのですが、けっして難しい事を書いているのではなく、講演活動のエピソードなどが主体で、写真や動画も多用して大変読みやすいブログです。

ついでに奥様のブログまでも読むようになり^^;
「へぇ〜、こんなお弁当を作ってもらっているんだぁ]
と、ますます親近感が増幅しています(^^)

ま、きっかけは宇宙はどうなってんの?素粒子って何?
2年前、つくば市の高エネルギー物理学研究所【KEK】に行き
【茅葺屋根のススキ刈り】に参加したところからはじまっているのですが。

興味の虫が再びうずうず湧きだして・・・


...で。
大栗博司先生の面白い本.JPG

講演会申込と同時に、とりあえずこの3冊を購入し読んでみました。



大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)
読みやすくて面白かったです♪他の方のレビューに『私みたいなド素人にまで「もしかして理解できた?」って勘違いさせそうなところが罪作りだから。』がありましたが。全く同感で、楽しく読み進めてなんとなくでも超弦理論に触れてワクワクしてくる、おすすめの本です(^^)
重力とは何かは、超弦理論入門へのアプローチとして、大変役立ちました。強い力と弱い力は、頁を戻って読む頻度が多くなり読み終えるまでに、一番時間がかかってしまいました^^;

いずれにしても、この手の本は繰り返し読むことで、じわじわ染み込んでいく本だと思い、今までは移動時間にスマホをいじっていましたが、最近はこの3冊のうち必ず1冊をウエストバックに入れっぱにして愛読しています。

東京大学物性研究所.JPG
東京大学 物性研究所

カブリ数物連携宇宙研究機構.JPG
東京大学 高等国際研究所カブリ数物連携宇宙研究機構

なんかね。
研究所とか研究機構とか聞いただけで、一般人には無縁な場所...って感じると思うのですが

東京大学柏キャンパス一般公開.JPG

東京大学 柏キャンパス一般公開だって、学園祭のノリで、気軽に行くといいのですよ(^^)

拙ブログの読者に女子中高生はいないと思いますが、お子さんが女子中高生なら
【女子中高生対象:リケジョ企画】※女子中高生の皆様には、お弁当を用意しております♪

私がセーラー服おじさんで参加してもお弁当出るかしら?(嘘^^;)
あぁ、また余計な事まで書いちゃって長くなっちゃった。

一般講演会 「物質の科学と素粒子物理の深い関係」.jpg



posted by たすけ at 2014年09月25日00:00 | 素粒子と宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。